あっぱれさんの部屋

▪︎その50 お客様ファースト

馬之助のお隣がお父さんの健(たけし)さん。そして真(まこと)さん。納車間近のたこ焼きのキッチンかーを前に。二人とも目を瞑ってますね(笑)。

たこ焼き器はクライアントの指定の機材を使ったようですが、それ以外は全部オリジナル。たこ焼き器が移動中にカタカタ動くことに着目した健さん。移動中動かないようにストッパーを付けることを提案し採用されたそうです。細やかなアイディアが随所に溢れていました。

このスタンド式の看板も鉄製。真さん作。

スツール。座りごごち良いです。脚が鉄なので安定感あるんですよね。皆さんも一脚どうでしょう。

2021.02.12 石垣政和のあっぱれ昼飯前

お楽しみいただけましたでしょうか。
秋田市飯島でキッチンカーや
移動販売車を製造している
ライフボデーさんにお邪魔しました。

保健所や陸運局の許認可が厳しいらしく
北東北で唯一の製造会社。
コロナ禍にあって
キッチンカーがブームなんだそうです。
健(父)さん、
真(息子)さん二人の家族経営。
「曲げる」「切る」の大型機械を備え
完全フルオーダーに対応出来る凄腕職人。

家業を継ぐために修行中の息子さん。
元々は家具職人だったこともあり
ボディ架装の他にも武器を・・と
アイアン家具を製造販売しています。

アイアン家具って僕も知りませんでした。
鉄と木を組み合わせた家具。
さらに秋田杉を草木染めの手法で
発色させるという新たな試みを模索し
自然派アイアン家具として
製品化に成功しました。

鉄の加工も染色も工場内で可能なため
こちらもフルオーダーに対応。

お客様ファーストで頑張っている
親子の物語でした。

▪︎その49 よろ昆布

「ねばり必勝」は粉末とろろ昆布」。「羽衣」は職人による極薄削りのおぼろ昆布。こんぶが削られる瞬間天高く舞い踊る昆布として有名な空飛ぶきざみ昆布「飛翔」。なかなか企画力ありますよね。

空飛ぶこんぶに挑戦中の金之助。職人の福田さんから手解きを受け本番では見事に飛ばしました。

当代のお父さんが収集したというペコちゃん人形。高価な物だとウン十万円もするそうです。全部で400体ぐらいあるとか。ちょっとしたミニ博物館出来ますね。

金之助は現役の大学生。理系ですから何事も理詰めで真面目な性格。とってもいい子です。これはかなり縁起良いと思われます(笑)。

2021.02.05 石垣政和のあっぱれ昼飯前

お楽しみいただけましたでしょうか。
今回は横手市増田町
佐藤こんぶ店お邪魔しました。
増田町は内蔵の町として
近年脚光を浴び成功を収めた町です。
町おこしってなかなか難しいですよね。
パッと光を浴びても
永続的に人気を保つためには
住民の理解と協力が不可欠です。

マンガ美術館との相乗効果もあり
新しいお店も多く出店しているとか。
くちかずへらかずの部屋でも書いていますが
やっぱり新しく作るよりも
今あるものを磨いた方が効果があります。

増田は秋田県南部の商業の町。
現当主のおじいちゃん(初代)は
皆瀬村の農家の長男だったそうですが
これからは農業だけでは食えない
商売をしてお金を稼ぐ。
その為には商業の町として栄ていた
増田に店を出す!と決心して
長い下積みを経て店を構えたそうです。

店を訪れた年配のお客さんが
お孫さんの受験の為だと言って
昆布を買いに来たんだそうです。
3代目現当主が受験と昆布?と聞いた所

昆布は栄養もあって

食べると風邪をひかない
縁起もいいし粘る!

そのお客さんの声を聞いて閃いたそうです。
そこであみ出した

合格祈願昆布


佐藤こんぶ店のヒット商品となりました。
お客様の声に耳を傾ける・・。
やっぱり全ては
原点にあるような気がします。

是非皆さんも増田にお越しの際は
お立ち寄りください。

▪︎その48 奥深い仏壇の世界

佐藤さんが僕のインスタをフォローしてくれたことで仏龕、聖龕を知るきっかけとなりました。いつも❤️マークくれるんですよね。でも僕そっちの趣味はないな〜(笑)。

三河仏壇の欄間の部分。ここに金を葺きます。派手な木彫りの彫刻ですがこの部分は現在中国製が多いんだそうです。恐るべしMade in CHINA。

プレゼントのオリジナルミニ仏壇、紫檀の狛犬、金泥仕上げの天女の彫刻に手を合わせる金之助。プロフィール用の写真を遺影に使うスタッフ(笑)。僕がそれ面白いんじゃないかってやってもらったんですけどね。

これが聖龕(せいがん)と言われるもの。これを見てヒントを得て中に仏画やステンドグラスを入れて仏龕という物を作り出したそうです。ありそうでないですもんね。

2021,01,29 石垣政和のあっぱれ昼飯前

お楽しみいただけましたでしょうか。
今回は湯沢市稲川の仏壇職人
佐藤健一さんを取り上げました。

地元の仏壇メーカーで24年間勤務。
会社の解散に伴い独立。
元々は経理だったそうですが
一念発起し職人の道を選択。

全工程をご自身で
彫ったり塗ったりするのかと思いきや
細部の部品はそれぞれの業者に発注し
それを組み立てていくという流れ。
豪華さを全面に出した三河仏壇を
主に製作し、一つ出来るのに
およそ2ヶ月を費やすとか。

それを注文いただいた三河に
ご自身で運搬しまた注文を受けて
戻って来てまた作るんだそうです。

とは言っても最近の住宅事情
家庭の事情を考えれば
大きな仏壇を置くのも
需要は確実に低下しているわけで
そこで考えたのが
仏龕(ぶつがん)という
壁掛け式仏壇。

生き残りをかけたアイデアが
功を奏し
注文もいただいているようです。
詳しく知りたい方は
BPT KALULA(カルラ)で
検索してみてください。

▪︎その47 無いんだったら作りましょう

稔さんと由紀子さん。由紀子さんお若いですよね。さすがスキンケアアドバイザー。身をもって体現していらっしゃいます。プレゼントも豪華でありがとうございました。

コースは3周で1周とカウントされるそうです。1周130メートル。早い車で時速30キロほどだそうで、1周完走し記録を残すことが最初の関門なんだそうです。疾走感半端なかったです。

漫画で煽って現物を届ける・・今も昔も変わらぬ非常にベーシックなマーケティングです。現在は子供よりも30代の大人の愛好者が多いようです。子供の頃に買えなかった改造用の部品が大人買いできる喜び(笑)。みんなお金かけるみたいです。

番組もこうありたいですね。これからも応援よろしくお願いいたします。

2021.01.22 あっぱれ昼飯前

お楽しみいただけましたでしょうか。
由利本荘市石脇にある
F.S(ファミリーショップ)ササキの
佐々木稔さん由紀子さん親子に
スポットを当てました。

ミニ四駆流行ってましたよね。

稔さんは
群馬県の自動車工場に勤務している時
たまたま訪れたミニ四駆のお店で
そのスピードと車両改造の奥深さを知り
次第にのめり込んでいったそうです。

実家にUターンするにあたり
お母さんの由紀子さんが営んでいた
生鮮食品&雑貨店を改装し
ミニ四駆のコースを作ることを提案。
コンビニに押され進退を考えていた
由紀子さんが決断しリニュアル。

由紀子さんは由紀子さんで
スキンケアアドバイザー
一級着付け師の資格を取って
お店の一角に
化粧品コーナーと和室を構え
気軽に美容と和装を楽しむ空間を提案。

親子揃って趣味の延長線上の
遊び場を作ってしまったという
なんとも行動力のあるお二人。

ミニ四駆世代だという横井カメラマンと
佐々木さんのマニアックな
ミニ四駆話を側で聞いていて
子供の頃夢中になったものって
大人になっても忘れずに
息づいているんだなと思いました。

オンエアには乗りませんでしたが
かなりマニアックな話で
おじさんは付いていけませんでした(笑)。

▪︎その46 久々のくつろぎ♨️

自分で言うのも恥ずかしいですが、若い頃から常に「内なる自分」と向き合って来ました。ただそれはいつも争いに似たものだったように思います。「静かにしなやかに」ではありませんでした。これからはそうありたいな〜と思います。

混浴露天風呂「妙見乃湯」。泉質が異なる「金の湯」「銀の湯」があります。写真は金の湯。17時〜18時は女性タイムだそうです。川のせせらぎに癒されますよ。

内湯。内湯は銀の湯です。石が敷き詰められていて指圧効果があります。「あ痛ぇ、あ痛ぇ」って言いながら入りました(笑)。

今回は前泊をさせて頂きました。どこにでもあるような雪景色。されど雪景色。チェックアウトするまで一度もテレビを付けずに過ごしました。僕も大人になりました(笑)

2021,01,15 あっぱれ昼飯前

お楽しみいただけましたでしょうか。
田沢湖乳頭温泉郷「妙乃湯」。
秋田の人なら耳馴染みの温泉宿。

僕は華美じゃないところが好きです。

「さりげない」

色んなところに「さりげない」が
散りばめられています。

「こだわり」

を押し付けてくるとこあるでしょ。
あれ面倒くさいんですよね・・僕は。
すごくこだわってるけど
押し付けてこない妙乃湯好きです♡。

GoToの時は忙しかったそうです。
しかしまた緊急事態宣言。
GoToで宿泊業でのクラスターって
聞いたことありませんよね。
閉鎖された温泉旅館あります?。

くちかずへらかずの部屋でも書きましたが
やっぱり解せません!・・。

女将さんが経営に参加してから
週末にお宿に空室があるなんて
初めてだそうです。
ところがどっこい放送終了後
予約がいっぱいになったって(笑)。
貢献できてよかったです。

是非皆さんもお出かけください。

▪︎その45 トラブル発生

今年は丑年。馬之助は寅年だそうです(笑)。ちなみに僕も寅年です。二回り違いました。

牛や馬はいつも人間の近くにいてくれました。身をもって命の大切さと恵みを与えてくれる動物です。皮もその一つですよね。牛革にたっぷりの脂を染み込ませ艶のある色合いと肌触りを演出しています。

このミシンには零戦の技術が採用されているんだそうです。技術って総合力ですよね。手際良く糸を縫い込んでいく小松さん。

2021.01.09 あっぱれ昼飯前

お楽しみいただけましたでしょうか。
今年最初の放送で通信トラブル発生!
前途多難の予兆でしょうか(笑)。

全部が順調な時に陥りやすいトラブル。
なんと本番5分前にダウン⤵️
カメラさん、音声さん、ディレクター
焦りますよね。みんな必死でした。
本社の調整室も焦ったと思います。

でも誰よりも焦ったのは
奈都美アナだったんだと思います。
彼女も良い経験になったと思います。

僕ですか?
まぁ、なるようにしかならないな〜って。
僕が何言ったって機械は治りませんから。

スタッフ一同今回のトラブルを踏まえ
今後の糧にして頑張ります。
視聴者の皆様には
お見苦しいところをお見せしました。
代表してお詫びいたします。

さて今回ご紹介したのは
にかほ市で革もの工房を営む
小松俊彦さん
油分の多い多脂牛の皮を使った
革製品を製作・販売しています。

長く使える物づくりをモットーに
カバンの底・取っ手・ファスナーは
付け替えが可能。
小松さんの皮へのこだわりと
細部への様々な工夫がなされています。

秋田市エリアなかいち「秋田銘品館」
販売されています。
土日はほとんど小松さんもいるそうです。
是非足をお運びください。

御礼

来年もあっぱれな秋田の人々を追い続けて参ります。

本年もご愛顧誠に有り難うございました。

昨年の10月からスタートしたこの番組。

なんで馬なんだ?なんで大仏なんだ?と
いわれ続けましたが・・
不思議なもので、
めげずに続けると
そんな声も沈静化してくるもので(笑)。

それもこれもシュールさに磨きをかける
馬之助、金之助の努力あっての事です。

皆様に愛される番組目指して
精進して参りますので
クチコミ・SNSなんでも結構ですので
拡散よろしくお願い致します。

皆様にとって来年が良き年でありますよう
心よりご祈念して
ご挨拶とさせていただきます。

石垣政和・馬之助・金之助

▪︎その44 大人の遊び心

輪島塗りのつい立て。放送では表の龍をお見せしましたが裏は虎。龍虎の衝立です。肉眼で見るとこの光はこんなに浮き上がって見えないんです。カメラで撮ると浮き上がる。漆黒のつい立てに浮かび上がる龍虎。一見の価値があります。

輪島塗りは工程が20を超えるみたいなんですよね。日本の漆器の横綱です。金がふんだんに使われているお盆にお椀。外側は質素に蓋を空けると「あらま〜なんていう事でしょう」的な、実に日本的な嗜好です。

陶磁器の横綱といえば有田焼。割れた部分を金継ぎや銀継ぎして再生。江戸時代に主に輸出用に焼かれた窯のようです。一番奥にあるのが灰皿で良いんでしょうか?。ちゃんとした呼び名があると思いますが、昔は一人に一脚だったそうです。右の陶器には灰が入っていて小ちゃな炭を入れて、煙管用に火を起こしていたようです。そして竹で作った吸い殻入れ(ちゃんとした日本語がわかりません)に吸い殻を入れてたみたいです。粋ですよね。

左から悪代官石垣政和之介、佳乃華さん、富紀乃さん、佳津那さん。そして越後屋馬之助。日本人で良かったな〜(笑)。

2020,12,25 あっぱれ昼飯前

今年最後の放送お楽しみ頂けましたか。
今回は湯沢市にある
文久三年(1863年)創業
料亭石川さんからの中継でした。
7代目石川博高さんの
その知識ととても分かり易い説明。
うんちくと言うよりは解説。
時間がなくて申し訳なくて・・
本当は器のお話もっともっと
聞かせたかったです。

昔から湯沢は旦那さん衆の町でした。
院内銀山も近くにあり
それはそれは賑わっていたといわれます。

旦那さんが旦那さんである理由は
目利きであること
そして粋であること

石川さんにはそのお眼鏡に叶う
調度品が今も日用遣いされています。

そしてお座敷を彩る芸舞子の皆さん。
古き良き伝統を守ろうと
秋田湯沢湯乃華芸妓を立ち上げた
代表の阿部一人さん。

彼らの熱意、情熱があって
古き良きものが残されていくんだな〜
そんな事を考えさせられた中継でした。

▪︎その43 毎日夢があるでしょ

あ〜食べたい。

あっぱれで取材する年配のプロフェショナル達は何故かジーンズを履いています。お年を召してもこのお姿。カッコいいの一言です。

本場ドイツのマイスターハンス・マウラーさん。体調が悪いと聞き花澤社長(左)と会長(右)がお見舞いにドイツに行ったそうです。それから2週間後にマウラーさんが他界。運命を感じます。

金之助。帽子が似合うね。嶋田ハム本店前にて

2020,12,18 あっぱれ昼飯前

お楽しみ頂けましたでしょうか。
嶋田ハム美味しいですよね。

僕の食べ方は、ビール片手に
魚焼きコンロで弱火で焼き
耳を側立てながらじっと待ち・・

パ チ ン

と音がしてから数秒・・
サッと取り出し、何も付けずにその場で食べる。
花澤社長に言わせると

正しい食べ方です・・

との事。
あの皮が破けて地割れのようになるのは
嶋田ハムの技術の成せる技。
是非皆さんもお楽しみください。

それにしても嶋田会長には物語がありましたよね。
毎日午前1時に出社して仕込みを始める
まさにプロ中のプロ。
燻製もボイルも全て地元のナラの木の薪。
それも数年かけて乾燥させたもの・・。
この製法は本場ドイツでも
ほとんど見かけなくなったという製法。
それを40年以上続けるなんて

美味しくないわけがないですよね

お値段の値打ちがここにあります。
この製法を毎日続ける原動力はなんですか?
御歳83歳の嶋田会長に尋ねると
毎日違う天候に、温度に、湿度を考えながら
品質を一定化させるなんて

毎日夢があるでしょ

参りました。心に刻みたいと思います。
こんな事を書いているうちに
また食べたくなりました(笑)。

▪︎その42 惚れてまうやろー

ぼくが瑞穂さんのお父さんみたいで(笑)。お母さんと僕、お似合いじゃないですか(笑)。

2020,12,11 あっぱれ昼飯前

サプライズ企画いかがでしたでしょうか。
うまく行きましたよね。

旦那さんのケンちゃんがイケメンすぎて

惚れてまうやろー

ほのぼのとしていて
とても素敵な披露宴でした。

若き二人の幸多からんことを祈ります。

▪︎その41 ラジオっ子 

うっすらと雪化粧の田沢湖。日本で一番深い湖。八郎太郎と辰子姫のあの深さゆえ、湖底も深くそして不凍湖なんだそうです。

いわゆる田沢湖の遊泳場の真向かいにあります。山のはちみつ屋経由で行くと湖正面の突き当たりのお宿です。バス停の目の前。

自然とテンション上がります。

日本が誇ったウォークマン。先人たちの発想に敬意を評します。

2020.12.4 あっぱれ昼飯前

今回は田沢湖畔のお宿「かたくりの花」
1階スペースにある「昭和のラジオ館」に
お邪魔をしました。

このスペースには約700点の
ラジオとラジカセが展示されています。
収集家の鈴木昭夫さんが
30年以上かけて骨董市で購入したものです。

昭和30年代はラジオ製造メーカーが
しのぎを削っていた時代。
朝ドラの「ひよっこ」の中でもラジオ製造工場の
場面が多くありましたが、まさしくあの時代です。

伊藤さんのこだわりはmade in JAPAN。
昭和の時代は日本が世界の工場だった・・。
外国メーカーのラジオも
日本で作られていたそうです。

Foreverヤングのページでも
再三語っていますが・・
超ラジオっ子だった中高時代。
僕の世代はラジオ単体機種の最後の世代。
次第にラジカセにそのポジションを
とって変わられるようになりました。
ラジオもラジカセも実際に使っていたものもあり
番組スタッフも
「これ使ってた」とか「兄貴が持ってた」とか
「自宅にあった」とかそういった品ばかり。

田沢湖にお越しの際はぜひ訪れてみてください。

一瞬にしてあの時代にトリップしますよ。

▪︎その40 三人娘の心意気 

左から小林美穂さん、松橋とし子さん、髙橋香澄さん。私たちが後世に伝えるんだ!と言う心意気を感じました。

アトリエ兼店舗前。竿燈大通り2丁目橋すぐ角にあります。

金之助と銀線細工。まさに金さん銀さん。

とにかく目を奪われます。この道35年。松橋さんの作品です。とにかく目を奪われます。ただ僕の目だとよく見えませんのでハズキルーペが必要です。

2020.11.27 あっぱれ昼飯前

今回は秋田の伝統工芸「銀線細工」を
後世に残そうと立ち上がった
三人の女性職人にスポットを当てました。

秋田銀線細工は、
秋田市で県の伝統的工芸品に指定されている
唯一の工芸品です。
全県で職人は7人。そのうち秋田市に5人。
5人のうちの3人が手を携えて工房を設立。
その名も矢留彫金工房

工房長の松橋とし子さんは僕と同い年。
僕の記憶がまだつながらないのですが
彼女は僕がメンバーだった朝野球チームの
マネージャーをしてくれていたそうです。

当時、彼女に言った言葉が
オメェ、尻(ケツ)でっけなぁ〜
だったそうです(汗)ひどい男です(反省)。
まさに女の敵です(笑)。

クラウドファンディングも目標に達成し
機械設備を整える事ができるようになりました。
あとは市民の皆様、
県民の皆様が作品を購入いただき、
育てて行くことが必要です。

目が飛び出るほどの金額でもありません。
秋田の女性なら銀線細工のアクセサリーを
一つは持ってるものよ!っていうぐらいに
盛り上げてもらいたいものです。

▪︎その39 サキホコレ

小松瑞穂さん。実は彼女が僕のインスタをフォーローしてくれた事で、日々の農業のあれこれを知るきっかけとなりました。彼女のストリーズには農業の喜びや、大変さや、愚痴がいっぱい詰まっていて見ていて楽しいです。

ピンクの軽トラ。荷台の屋根の部分は特注なんだそうです。

赤いトラクター。フェラーリや秋田新幹線をデザインした奥山さんが手がけたヤンマートラクター。彼女はこのマシンに「アキラ」と名付けているそうです。なんかアキラって感じです。

彼女が20歳の頃に秋田美人の特集雑誌に掲載されたものです。彼女的には黒歴史という事らしいのですが・・どうしてどうして。僕の中では典型的な角館美人だと思います。

2020,11,20 あっぱれ昼飯前

今週は農ガール
大仙市の小松瑞穂さんにスポットを当てました。
お父さんがいらっしゃらないこともあり
おじいちゃんの背中を見て育った瑞穂さん。
一人っ子でもあり中学生の頃から
農家を継ぐことを意識していたそうです。
角館南高校を卒業後、岩手の農業短大へ。
卒業後、実家に戻り就農。
今年で10年目を迎えた秋田美人さん。

昨年の7月に入籍。
明日22日良い夫婦の日に
披露宴をあげられます。

秋田の新種のブランド米
秋系821のネーミングが決まりました。

サキホコレ

彼女の今後の人生が咲き誇らん事をお祈りします。
彼女が小松家の11代目。
12代目が早く授かると良いですね・・。

▪︎その38 ことばのキャッチボール

ギャラリー内。壁に飾られた絵と大きなテーブル。僕、実はこういう空間に憧れます。ウチを建てるならこういう空間が絶対欲しい。なんだかんだ言ってとてもセンスの良さが感じられる空間です。

ひいおじいちゃんと、おじいちゃんの名前から一文字ずつ貰って茂平にしたそうです。壁の虎の絵は区画整理事業で毎日重機の音がうるさくて、そのうるささに抵抗するために描いたそうです(笑)。凄いですね。

上の段が自身の作品。下2段があの秋田が産んだ奇才「友川かずき」さんの作品。区画整理でお金が入ってくることを見越して(笑)本人に懇願して手に入れたそうです。本当はこの話だけでも良かったかもってくらいに面白い話なんです。

お邪魔しても必ずオープンしているわけでもなく、気が向いた時にだけオープンするそうです。自由でいいですよね。

2020,11,13 あっぱれ昼飯前

お楽しみ頂けましたでしょうか。
言葉のキャッチボールが出来ませんでしたが
とても楽しい放送となりました。

今日のゲストは画家でありギャラリー茂平の
運営者でもある藤田悦子さん。
視聴者の方から「この人を取り上げて欲しい」と
お葉書を頂き、早速お伺いしました。

お話ししたいことが次から次へと
泉の如く湧き出てくるのでしょう・・
いま話していることが終わらないうちに
次の話へ・・(笑)・・そしてまた次の話へ

きっとキャンっバスの前でも
そうなんじゃないでしょうか・・。
油絵・水彩画の作品数も多いし
他に彩菜館でパンを販売したり・・
思い立ったが吉日
そんな感じなんだと思います。

でも絵をこうして描き続けられるのは
家族があっての自分と
本当は謙虚でユーモア溢れる
素敵なお姉さまでした。

▪︎その37 最近の若い奴は

奥がプロデューサーの栗原エミル君。ドイツ生まれの京都育ち。お父さんがドイツ人でお母さんが日本人。でもドイツ語は全く話せず、関西弁が母語。世界40箇所を旅したと言う強者です。    手前が松本隆慈トラヴィス君。お父さんはオーストラリア人でお母さんは日本人。北海道生まれの北海道育ち。英語による全国弁論大会、北米弁論大会で優勝。めちゃくちゃ滑舌が良くてイケメンなのでアナウンサー向きだと思います。お姉様たちに人気出ると思います。二人が掘り起こした沼山大根のいぶりがっこ、本当においしかったです。

いまは営業していない、古〜い雑貨屋さんの2階に事務所はありました。下積みしてます!感半端なくて好感持てます。

僕らも秋田で頑張っている人たちをアウトクロップしているつもりです。この番組を始めて改めて気づいたことは、秋田も捨てたもんじゃないな〜って。それにしても金之助の自画像めちゃくちゃ上手でしたね(笑)。才能はどこにあるかわかりません。

2020,11,06 あっぱれ昼飯前

古代のギリシャの時代から
言われていたみたいです。

最近の若い奴は・・って

当然、僕も言われました(笑)。
しかし、そうとも言い切れない
しっかりした若い奴もいます・・・。
今日の二人は優秀でした。
テレビを見ていた方は感じたと思います。

頭がいいから自分の考えていることを
筋道立てて言語にする事がずば抜けています。
国際教養大は入学に難関で
さらに卒業が最難関です。

やっぱり鍛えられてるな〜
が第一印象でした。

アウトクロップとは
掘り起こすと言う意味だそうです。
秋田に限らず日本各地に埋もれているものを
掘り起こし、映像を媒体にして人々に伝えたい。
秋田には縁もゆかりもない
ハーフの彼らが雄和を愛し秋田を愛し
ここに根付いて切り開いて行こうとする
その姿勢に「あっぱれ」を贈ります。

▪︎その36 シャレオツ

はっきり言うと、ただの倉庫だった訳です。ここに屋根付きの公園って言われても・・なかなかピンとこないと思います。硬い脳ミソにわかり易くイメージさせる作業は大変だと思われます。

左が東海林さん。女性スタッフのその名も「美雪子」さん。みゆこと呼ぶそうです。笑顔がとても素敵なお嬢さんでした。KAMEnoICHIのPRをしてくれました。

フローリスト・ナチュラルの店舗。お花屋さんのイメージが変わります。一本の花で人生が変わる。そう信じて奥さんと二人で花売り家業を始めた店主。秋田の女性のハートを鷲掴みにした意味を理解できる店内です。

アウトドアショップのYAMAGOYA。店長の高野さんは東海林さんと同地域の同学年だったそうで、二人とも高校生の頃なんでもアリーナ525で育ったと言ってくれて嬉しかったです。生粋の山ガール。21歳の息子さんがいるとは思えないキュートな女性です。皆さんもひとりキャンプいかがでしょうか。

2020,10,30 あっぱれ昼飯前

お楽しみいただけたでしょうか。
皆さんのお仕事にも
必ず業界用語なるものが存在すると思います。
我々の世界だと逆さ言葉。
マイウ〜とかゴイス〜とか
少し下品ですが
パイオツカイデ〜とか(笑)。

お洒落って言えばいいのに
シャレオツだね〜とか
そんな訳で、今週は
秋田でいま一番のシャレオツスポット
ヤマキウ南倉庫にお邪魔しました。

元々はビールや洋酒の倉庫を
屋根付きの公園をコンセプトにリノベーション。
お花屋さん、アウトドアショップ、スーパー
美容室、ぬいぐるみ、家具等個性的な
ショップが軒を連ねています。

トータルプロデュースは
シービジョンズの東海林論宣代表。
たぬき小路の亀バルから始まって
衰退の陰りが見えていた
南通り亀の町界隈に息吹を吹かせました。
その発想力と行動力に敬意を評します。

開発の時点から疑問だった
なぜエリアなかいちに屋根を付けなかったのか?。
県と市の建物が混在するとトータル感を
演出出来ないことを知りました。

ここにはトータル感がある・・。

こう言う若者達にまちづくりを
任せたいな〜って思える
そんなセンス溢れる集団です。

10月31日(土)に駐車場で
KAME no ICHI(亀の市)が開催されます。
お天気も良いようですので
ぜひお出掛け下さい。

☆一期一会

一期一会という言葉は山口百恵さんの曲
♪ 一恵 ♪
曲の冒頭のセリフで知ったように記憶してます。
その意味も知らず。
なんとなくこんな意味なんだろうな〜ぐらいの
そんなあやふやな知識なもので
これを機会に調べてみたら

まあなんと言うことでしょう〜

もともと茶道の心得を表した語で

どの茶会でも一生に一度のものと心得て

主客ともに誠意を尽くすべき事を言う
一生に一度だけの機会
生涯に一度限りであると考えて
その事に専念する意味

と、あります。
僕は単純に人と人との出会い
この出会いを大切に・・みたいな
何にも知らないな〜と後で恥かきますね。
それはそれとして私の出会った面白い人
あっぱれな人を
本人の承諾なしに紹介します(笑)

▪︎その35 煩悩のおかげ

11月3日(火・祝日)アルヴェで桂三若くんの独演会が開催されます。久しぶりにお客様を入れての公演。少しずつですが動き始めているようです。

大人の女性がターゲット。年を重ねれば大人なのか?ただ年を重ねただけっていう人もいれば、若くても大人っぽい女性もいますしね。定番というよりはデザイン性に溢れていて、いくつになってもお洒落を楽しみたい女性のまさに「自由区」といったところでしょうか。

組曲というネーミングが良いですよね。ロゴもとても可愛い。ふわふわモフモフが溢れていました。仕事も大切にしてるけどプライベートも楽しみたい・・そんなイメージなんだそうです。こういう感じのお洋服を上手に着こなせる女性素敵ですよね。

バリバリ働くキャリア層向けのお洋服。とてもシャープなデザイン。ジムに行って体のラインを保ちながら、仕事に子育てに、家事にと万能型の女性・・僕はそんな女性をイメージします。いずれにしても、秋田の男性も頑張らんと!と思った金曜日です。

2020,10,23放送 あっぱれ昼飯前

お楽しみいただけましたでしょうか。
今回は西武秋田店で開催中の
オールオンワードセール
催事会場にお邪魔しました・・。

一口にオンワードと言っても
様々なブランドがあります。
特に人気のオンワードブランドから
セレクトされた商品がお安く手に入る
チャンス!!
是非お出かけくださいね。

実は柳葉さんのチャリティテニス大会で
参加していた年配のおじいちゃんから
「いや〜昨日あっぱれみたよ・・
 女性を転がさせたら
 石垣くんの右に出るものいないな〜
 勉強になる〜」
って褒めて(?)くれたんです(笑)。

これもそれも煩悩のおかげです(笑)

▪︎その34 テンションアゲアゲ

新国道のモスバーガーの裏手にオープンしたYellow Hat。フランチャイズなんですね。初めて知りました。株式会社アルビスという地元の会社が秋田エリアを運営されているそうです。新国道店で8店目になるそうです・・。世の中知らない事だらけですね。今回はなんとドライブレコーダーをプレゼントで頂きました。ありがとうございます。

朝から既にお客さんが列をなして並んでおりました。オープン記念でかなりお安くなっているみたいです。

MEGAドラックさんは青森の企業さんです。ドラックストアって遊園地みたいですよね。競争も激しいそうなんですが、MAGAさんは酒類に力を入れていて、地元蔵元と提携してオリジナルブランドのお酒も販売しておりました。人気のシャンパンがかなりの破格値で販売されていたのでお好きな方はいかがでしょうか。

今回は貴重なオーガニックワインをプレゼントで5本頂きました。日本ではMEGAでしか入手できないようです。ご応募お待ちしています。

2020,10,16あっぱれ昼飯前

今日の放送は秋田市新国道沿いにオープンした
Yellow Hat新国道店、MEGA新国道店
から中継しました。
皆さんはどんな場所で、どんな場面で
テンションが上がるんでしょう。

僕やカーディラー、家電量販店
あとは美人さんを目の前にした時・・(笑)。

今日ご紹介した、カー用品店やドラッグストアも
テンション上がりますよね・・。
ライバルも多い業種でもあります。
それぞれが個性を打ち出して
勝負している・・。
勝つために頑張っている勝負士的な
側面もあります。
新店を任される店長も
気苦労が耐えないと思いますが
やり甲斐があっていいですよね・・・。

僕も若かったらきっと

萌えます

じゃなくて

燃えます

ぜひ足を運んでみてください。

▪︎その33 人間は考える葦である

目元が涼しく顔立ちはどこか異国人の佇まいの佐藤さん。3人のお子さんのお父さんでもあります。

佐藤家の玄関先のお花に目を奪われる金之助。やけに似合います。花々の移ろいも四季折々の表情があるようです。

佐藤さんのお屋敷。広い空、広大な土地。日本ぽくないですよね。

こういう空間で育つ子供たちは本当に幸せ者です。

2020,10,09 あっぱれ昼飯前

人間は考える葦であると言ったのは
あのパスカルの定義でおなじみのパスカル先生。
一人一人の人間は自然を前に葦のごとく無力だが
思考する能力を持っているではないか・・!と。

その葦やススキ、カリヤス、麦わら、稲わらを総じて
茅(カヤ)
と呼んでいます。
なにも手を加えなくても1年でスクスクと成長。
昔の人はこれを屋根材として活用しました。

昔は至るとこにあった茅葺屋根の家屋。
今は建築基準法や消防法で縛られ
新築はかなり難しい状況のようです。
しかしながら古民家や文化財は現存しており
修復が絶対に必要な事に着目した
横手市平鹿町佐藤茅葺店
佐藤偉仁(ひでと)さん
が本日のゲスト。

若い頃、日本中を旅して周り
茅葺職人に惹かれ自身も職人となり
茅葺店を開業した若者です。

自宅周辺は
まるでヨーロッパの片田舎のような
風景と佇まい・・・。
ここで育つ子供たちは幸せだな〜と
そう思った次第です。

イベントも開催しているようです。

つぎなにつくろう←検索してみてください。

▪︎その32 案ずるより産むが易し

ブドウ畑をバックに。この地に醸造所を兼ねた素敵なオーベルジュが出来たら良いね。夢は見るもんじゃなくて語るもの。語れば後から何かが・・ついてくる、と僕は信じています。

白ブドウと黒ブドウをブレンドしているので少しピンク色のスパークリング。スタッフも豊島さんも仕事で飲めないので、結局僕が一人で一本空けました(笑)。ワインクーラーは以前ご紹介した平鹿町の遠藤さんの天然秋田杉の米びつ。我が家から持ち込みました。こういう使い方も出来ます

ブドウが腰よりも低い位置に実を付けるので収穫が大変。4千本の苗からひと房ひと房、手で摘み取ります。摘み取ったブドウはそのまま山形の醸造所へ。この期間だけで3千キロ走破するそうです。

今回豊島さんの出演にあたりご尽力くださったチーズ&ワイン アベさんからチーズのご提供を頂きました。上がゴーダチーズ。オランダの5月のミルクで仕込んだ非常に珍しいチーズ。5月仕込みのゴーダは非常に珍重される一品だそうです。甘みとコクが楽しめます。そして下はフランス牛乳製のフロマジェ。黒トリュフが混ぜ込んであるのでミルキーでリッチな味わいです。僕はどちらも好きです。収穫の秋のイメージでアレンジしてみました。器も本荘組子のコースターもうちから持参し、秋田満載のテーブルセッティングでした。

2020,10,02放送 あっぱれ昼飯前

昨年の10月にスタートした
石垣政和のあっぱれ昼飯前
2年目に突入しました。
朝っぱらから失礼しますの時は
どんどんイメージが湧いてきたんですが
この時間帯のイメージは
正直さっぱりわきませんでした(笑)。
まさに「錆びたナイフ」状態。
それを助けてくれたのがスタッフ。
特にディレクターの高橋君の
人選力・企画力には助けられてばかり。

まさに
案ずるより産むが易し
とはこの事かもしれません。
まずはやってみて、
不具合は徐々に修正、そしてまた修正。

これを体現しているのが
番組で紹介したToyoshima Farmの

豊島昴生(こうせい)さん

地元高校卒業進学大阪の会社に入社
Aターン実家の農業を継ぐ
これからの農業は稲作だけではダメ!と
お父さんからの教示を受け思案
6次産業化を模索ワインを思いつく
日本のワイン産業を勉強日本中を歩く
とりあえず苗を購入しやってみるあれ?
秋田ってワインのブドウ栽培に向かなくねぇ?
多雨、日照時間、雪、低温厳しい現実
試行錯誤を繰り返しなんとかクリア
あれ?ブドウは作ったけど醸造委託費高〜〜い
しょうがない委託費の安いジュースを作ろう
その名も「ワインに恋する葡萄たち」
お〜売れた(笑)金出来た〜ワインいぐべ〜
去年産の葡萄で出来たワインとスパークリング
チーズ&ワイン アベで石垣が薦められ購入
うまい!この男に会いたい高橋君に懇願
出演を拒否られる*苦い思い出があるらしい
じゃあ番組を見てくださいと高橋くん
あれ?これなら出ても良いかもと豊島くん

という全体の流れです(笑)。
彼の人柄が伝わったんじゃないかと自負しています。

是非みなさん応援してやってください。

▪︎その31 ヒット

店内の内装の一部や装飾品も自分で造ったようです。44歳とは思えぬ若々しい彼女です。

実は僕も「笑っていいとも」に出演するのが夢でした。若い頃タモリさん役と自分役、一人二役でしゃべりの練習をしていたことがあるんだ〜・・と、この黒板を見て言ったら、実は私もやってましたって(笑)。他から見たらお前大丈夫か?って思われることをお互いしていたようです(笑)。

当時のCDジャケットの裏面。僕は当時33歳、シャバ駄馬男くんは25,6歳?。33歳でこのチャラさはヤバいですね(笑)。今は芸人さんもこんな感じですが当時はあまりいなかったように思います。田舎のプレスリーへの第一歩です(笑)。結構売れたんですね。僕らには1円も入ってきませんでしたが(笑)。

同じ感じを出そうと金之助にお願いして撮ってもらいました。あれから25年。オッサンなりに頑張っていこうと心に決めた日です(笑)

2020,09,25 放送 あっぱれ昼飯前

今週は秋田市の

讃岐うどん2代目WATARO

さんにお邪魔しました。
オーナーの藤田睦さん。
番組中でもお話ししましたが遠からぬ縁が。

彼女は高校時代から歌手志望で
とても目立っていた子でした・・。
あるコンクールで秋田代表となって
仙台まで保護者代わりに
引率していったこともあります。

なんでもアリーナ525の主題歌を歌ってもらい
多くのCMソングも歌ってもらいました。

その後、彼女はスカウトされプロとしてデビュー。

クリーミー

彼女のアーティスト名です。
クリーミーは残念ながらヒット曲に恵まれず
秋田に帰ってきます。
傷心だったのか?捲土重来だったのか?
その心の風景はどうだったのかわかりませんが
そこからは苦労したと思われます。

秋田に帰ってきてから
接点はほとんど無かったのですが
インスタで僕をフォローしてくれました。
最初はうどん屋をオープンさせるために
悪戦苦闘しているお姉さん・・
ぐらいにか見ていなかったのですが
そのお姉さんが彼女だということを
しばらくたってから知ります。

僕には何もしてあげられませんが
せめて番組で紹介してあげたい。
ディレクターにお願いして中継させてもらいました。

一度の人生、
挑戦という打席に立ったからには

ポテンヒット

でもいいからヒットを出したいと僕は思っています。
彼女にもヒットが生まれることを祈るばかりです。
ぜひ応援してあげてください。

▪︎その30 ああ絶景かな!ああ絶景かな?

金太郎の胸筋がね・・すごい盛り上がってるんですよ。若いって素晴らしい。

切妻の大屋根が皆さんをお迎えします。

パンフレットに掲載されている露天風呂から見える風景。これだったら言うことなかったですね。放送ギリギリの若者の達の裸体をご覧いただきありがとうございます。始末書覚悟でみんな頑張ってくれました。

なかなかいい体してたよね・・って会話でもしてるんでしょうか(笑)

2020,09,18放送 あっぱれ昼飯前

今回は東成瀬村

栗駒山荘

にお邪魔しました。

絶景

のはずだった風景もあいにくの雨天。
まるで画用紙のような情景に

心の目で見てください

って苦肉のコメント(笑)お察しください。

営業は11月3日まで。
宿泊はキャンセル待ちだそうなので
お時間のある方は日帰り入浴で是非。
0182-47-5111

▪︎その29 きりたんぽ物語

門から建物まで長〜いアプローチ。このアプローチがいろんなことを想像させます。ゴルフ場なんかもそうですよね。アプローチがワクワク感を演出させます。

たんぽを作ってくれたご婦人の皆様。鮮やかな手つきであっという間に一本一本を仕上げていきました。左側にいるご婦人があの有名な「陽気な母さんの店」の石垣一子社長です。

いやいや間違いないでしょうこれ。今回は話題の秋系821でたんぽを作っていただきました。あきたこまちの方がきりたんぽ向きなんだそうです。

本場大館きりたんぽまつり 実行委員長伊藤高志さん。普段は設備屋さんなんだそうですが地元を盛り上げようと実行委員を引き受け頑張っていらっしゃいます。声に張りがあって委員長向きだな〜と勝手に思っておりました。

2020,09,11あっぱれ昼飯前

今週は大館市花岡にある
県指定有形文化財「鳥潟会館」から
お届けしました・・・。
昔の篤志というのは偉大ですね。
全て地域のために捧げるその姿勢
現代日本人がどこかに置き忘れたものが
ここにはありました・・是非お越しください。
そして毎年10月に開催される

本場大館きりたんぽまつり

コロナ禍にあって残念ながら中止となりました。
今年は我慢しましょう・・。

毎年この時期に鳥潟会館で行われる
シーズン到来を告げるセレモニーに
参加させて頂きました。

地元のご婦人たちによるタンポ作り
もちろん炭火焼き・・・
そして地元の老舗料亭「北秋くらぶ」
石川社長による囲炉裏での鍋の調理。
これぞまさに

まちがいない

美味しくいただきました。

おまつりの代わりに企画した
たんぽ一万本チャレンジ
ハッシュタグをつけてたんぽに関連する
写真をSNSに投稿すると
抽選でプレゼントが頂けるようです。
是非参加してみてください。

#たんぽ一万本チャレンジ

▪︎その28 フレキシブル小林

言葉も明瞭でハキハキとした受け答えの小林くん。イジリー石垣のいじりやボケの要求にもきっちり対応してくれました。

ギター演奏用の椅子欲しいな〜。

お客様の声を聞き、入念に打ち合わせて創って行くそうです。そしてこぼれた木材を利用して、小さい商品を作っていく事で少しでも廃棄を少なくし有効に活用しています。

小林くんイチオシの「ヒーリングキューブ」。八峰町の秋田杉の葉より抽出された清々しい森林浴を思わせる「秋田杉アロマオイル」が埋め込まれています。無垢の秋田杉の持つ暖かみ、手触り、そして香り。今週の視聴者プレゼントに頂戴しました。

2020,09,04放送 あっぱれ昼飯前
今週は能代市から木材の加工販売を手がける
AAREA(エリア)さんにお邪魔しました。

代表の小林孝生さん。

番組ご覧になった方はわかると思いますが

説明上手

でしたよね。
僕みたいな馬鹿でもすごくわかりやすかった。
木について相当勉強されたようです。

ここでも気付いたのが日本語の美しさ
そして昔の日本人の命名力とセンスと
語彙の豊富さに驚かされました。

お客様のニーズに合わせていかようにも・・
ということなので、ニックネームを僕が命名。

フレキシブル小林

本人は納得がいかないようですが(笑)。
僕の語彙力も乏しい限りです。

DIY用に木材を加工して販売もしているそうです。
是非 AAREA で検索してみてください。

▪︎その28 棚から牡丹餅

仲の良いご夫婦でした。緊張して朝ごはんも喉を通らずげっそりしている伊藤さんです(笑)。

国道285号線沿いにあります。

金之助ヘアガード似合いますよね(笑)。

大きい円板状のかりんとう。食べるとかりんとうの味そのもです。黒蜜を塗らない素揚げの揚げたてがすごく美味しかったです。

2020,08,28放送 あっぱれ昼飯前
今週お邪魔したのは
五城目町で菓子店を営む
伊藤幸敏さん、信子さんご夫妻。

連続テレビ小説「ひよっこ」で
秋田のかりんとうとして紹介されたことで

大反響

とは言っても、ドラマで使われることを
伊藤さんは知らなかったらしく
突然の注文倍増に困惑したそうです。
菓子屋だけにまさに

棚から牡丹餅

それにしてもドタバタの中継で
自分も中継してて、とっても楽しかったです。
予定通りにいかなくても全く問題ないのに
真面目な伊藤さんの実直さが伝わったのでは
ないでしょうか・・・・。

いつまでもお元気で美味しい

かりんとう

作り続けて欲しいです。

▪︎その27 織り機だけ貰うはずが

この銅釜でハマナスの根茎を焚いて色を出します。ハマナスの花は雅子皇后さまの御印。過酷な環境下でも育つバラ科の花です。驚いたのは全世界でバラは3万品種を超えるそうなんですが、その元をたどると8種類の原種バラに行き着くそうです。そのうちの3種類が日本原産なんだとか。その一つがハマナス。あのシーボルトが持ち帰って世界に広がったそうです。さあこのハマナスを煮て浮かび上がる色が・・

♪鳶色の瞳に誘惑の陰り〜by堀内孝雄「君の瞳は10000ボルト」。同じ糸で濃淡を出していくんですね。そ〜っかこれが鳶色なのか?と58歳にして気づく無学な自分に反省した次第です。確かに日本の女性の瞳は黒じゃないですもんね。茶色でもない。鳶色。昔の人は凄いな〜。

この色が秋田黄八丈。独特の渋みを含みつつ澄んだ黄色です。秋田のご婦人方でいらっしゃいますよね。黄八丈を身にまとった令夫人。男の株が上がりますね。

1800本の縦糸に横糸を通すことで幾重もの色を浮かび上がらせていくその想像力には脱帽です。設計図はなく奈良田さんの頭の中で計算されていくのだそうです。ちなみにこの織り機を社長に所望したところ全部持っていけと渡されたそうです(笑)。

2020,08,21放送 あっぱれ昼飯前

今回は北秋田市(鷹巣)綴子にある
秋田八丈を伝承する「ことむ工房」さんに
お邪魔しました。

江戸時代秋田藩の産業振興により発展した

秋田八丈

明治時代は全国に出荷され
ハマナスの根で染色した渋みのある
独特の黄色が秋田黄八丈として
評判になったそうです。

平成時代に一旦工場は閉鎖されますが
社員だった奈良田登志子さんが
年代物の織り機がどうしても欲しくなり
社長に懇願したところ
だったら全部持っていけと奈良田さんに託されます。
断りきれずに困り果てたところ
その話を聞いた奈良田さんのお姉さんが
工房を建設し機会を運び込んで
継承するしかないな〜となり
秋田八丈を伝承したという
社長からすれば「棚から牡丹餅」
奈良田さんからすれば「青天の霹靂」
なんともダイナミックで面白い展開を経て
今に至る県指定無形文化財「秋田八丈」。

とにかく根気と手間暇のかかる
気の遠くなるような作業をコツコツと・・
と思いがちですが
今はとにかく楽しみながら織っているとの事。

ぜひ手にとってご覧いただきたい一品です。

▪︎その26 夫婦で彩るセカンド・ライフ

先週の大仏くんの命名(金之助)に触発されてお馬さんもついに名前が決定。その名も・・馬之助(笑)。金之助・馬之助ともにご贔屓のほどよろしくお願い致します。

この盆栽は日本最高峰の盆栽展「国風盆栽展」で入賞した作品です。

正面の扉が回転するんですよね〜。蔵扉を吊り下げ屏風のようにしてトイレのドアが見えないように工夫されています。これのアイデアは勉強になります。

待望の初孫あさひくん。その名の通り、これから船木家を照らし続けていってくれる事でしょう。

2020,08,14放送

今日の放送はお盆期間中を考慮して

盆栽

をご紹介させていただきました(笑)。
ご出演頂いたのは
日本盆栽協会 秋田支部・秋田盆栽連合会
事務局 船木義則さん
奥様の
室礼三千 師範 船木正子さんご夫妻
そしてご夫婦の初孫のあさひくん。
それにしてもあさひくん堂々としてました。
8ヶ月であの大物ぶりは大したものです。

ご主人は18歳から盆栽を始めこの道52年。
中国茶を愛好しているうちに
より日本的なものを追求した末に
室礼(しつらい)に出会い師範にまでなった奥様。

お互いの趣味を融合させてお宅をレイアウト。
上品でセンス溢れる居心地が良い
とても素敵な空間でした。
お庭を紹介できなかったのが残念です。

自分もセカンドライフはこうありたいと思わせる
仲の良い素敵なご家族でした。

▪︎その25 一生できる仕事

お顔が優しいんですよね斎藤さん。

男の人は、こういう基地的な部屋好きですよ。ずーっと眺めていられる。そうそう、今日大仏くんに名前がつきました。その名も「金之助」。以後お見知りおきを(笑)。

売れ筋のワッペン。単価は低いですが量が半端なく売れます。

先週のプレゼントの応募603通いただきました。一人で何通も出した方もいらっしゃってチェックして投函した数が603ですので相当の応募がありました。感謝感激雨あられ。いつも本当にありがとうございます。来週もご期待ください。

2020,08,07放送

今日のあっぱれさんは潟上市天王で
アメリカン雑貨のセレクトショップを営む
斎藤正幸さんをご紹介しました。

以前はスーパーで雑貨店を営んでいたそうですが
地域のスーパーだったためお客様も地域の人限定。
試しにメルカリに出品すると、
すぐに売れることに着目した斎藤さん。

これからはこの時代だと自分の自宅を倉庫に
ネット販売のショップを設立。
最初の2年は家にお金を入れることが出来ず
とても厳しかったそうですが
今では軌道に乗って順調のようです。

荷物の発送はお母さんと奥さんが
手伝ってくれてくれるそうで
まさに家内制手工業。

対面販売が厳しさを増す中
いち早く取り入れたネット販売。
商品のセレクト力もさることながら
人柄がにじみ出てくる斎藤さんでした。

ちなみにショップ名の「ちゃんぷ」は
あしたのジョーが好きだったということと
自身が高校時代ボクシングのバンタム級で
インターハイ3位の実績もあっての「ちゃんぷ」。

斎藤さん、奥さん、ご出演ありがとうございます。

▪︎その24 看板に偽りなし

外観:外壁は総天然秋田杉。窓枠は木枠で青森ブナの3層構造。秋になると絡まる蔦が真っ赤に染まるそうです。

お部屋の一部:化粧窓から見える十和田湖

まるで御光が差し込んでいるかのような十和田湖。八郎太郎が旅をする秋田三湖物語。十和田湖の水を丸ごと飲み込み龍に化身した八郎太郎は南祖坊との戦いで敗れ、旅の途中で島だった男鹿と陸地の間に横たわり出来た八郎潟。辰子姫と恋に落ち冬は田沢湖に入り浸ったため八郎潟は浅く冬は氷り、田沢湖は二人の愛で深く不凍湖になっていく・・・このストーリー考えた人に敬礼。

田沢湖畔はまだ夏の入り口というのに。無数のトンボが飛んでおりました。僕の左手薬指からなかなか離れないトンボ。意味深です(若)。

県民歌の一節に

♪神秘の十和田は田沢とともに〜
世界に名を得し、誇りの湖水〜♪
作詞/倉田政嗣 作曲/成田為三

とあります。
その名の通り湖底の深さではベスト3に
二湖とも名を揃えています。
1位田沢湖、2位支笏湖、3位十和田湖
広さではなく深さというところが
神秘という形容にふさわしいと僕は思います。

その湖畔に佇む昭和13年竣工
今に伝わる名建築、
十和田ホテルから生中継でお届けしました。

外壁は総天然秋田杉。
80名の宮大工がそれぞれの部屋を与えられ
技術を競わせたという各部屋のクオリティ。
当時外国客向けに外貨獲得の命題を背負って
建築されただけあって、全てが洗練されています。

県境を跨ぐことが憚られる今
ぜひ十和田ホテルを訪れ
当時の息吹と歴史
そしてその心意気を感じてみては如何でしょう。

▪︎その23 好きこそ物の上手なれ

今週は馬くんが相棒でした。

まずは使う和紙を選び、先の尖った「キリ」のようなもので形をつけ、その形に筆で水をなぞり、なぞった部分をちぎっていきます。

一見油絵のようにも見える作品の数々。

昨年、横手市芸術文化章を受章。おめでとうございます。

今週のあっぱれさんは
横手市相森町在住のちぎり絵作家
赤川玲子さんをご紹介しました。

とてもチャーミングな玲子さん。
人柄も相まって楽しい中継になりました。

自宅で洋裁業を営みながら
水彩画を描いていた玲子さん。
40歳の時に
ちぎり絵作家高橋草駒氏に出会い師事。
以降ちぎり絵の魅力に取りつかれ
数々の作品を製作してきました。

一枚一枚、丁寧に貼り合わせて行く
とても根気のいる作業。
大変ですね?というと

なんも・・
色々やったけど、ちぎり絵が一番楽しい〜

まさに
好きこそ物の上手なれ!

ですね。

▪︎その22 必殺仕事人

右が伊藤さん。その筋の方にしか見えません(笑)。

街の中に佇むと、なんだかリアリティありますよね。

秋田市中通り。通称「池永小路」にあります。

美味しそうにポテトを頬張るその筋の方と店主の柴田さん。

今日の放送お楽しみ頂けましたでしょうか。

6月26日放送のプレゼント
チェーンソーアーティスト伊藤正美さんからの
プレゼント「宇宙怪獣」を当選者に
届けに行ってきました。

当選したのは秋田市中通りでハンバーガーショップ
「中通りサティスファクション」を営む柴田大輔さん。
若者に人気のお店で放送後も若い人たちで
いっぱいになりました・・・。
お肉は秋田錦牛、バンズは自家製にこだわり
一品一品丁寧に焼き上げます・・・。
ハピネッツの選手はもちろん
試合で訪れた外国人選手たちの間で評判になり
人気を博しています。

皆さんも機会があったらどうぞお立ち寄りください。

両者とも必殺仕事人って感じです。

▪︎その21 桶屋は俺の代で終わり

政太郎さんとその作品。どれも実用的なものばかり。

大正元年創業。

ご長男の正和さん。おじいさんが「政蔵(まさぞう)」さん。お父さんが「政一(まさいち)」さん。ところが息子さんは正しいの「正和」さん。桶屋は自分の代で終わりと「政」を使わなかったそうです。ある意味凄い先見の明です。

買ってきたおひつ。杉のいい香りがします。これワインクーラーでも使えそうとワイン入れてみました。が、おひつとして使わせていただきます。ちなみに3合炊き用で¥16,000です。

今週は県南唯一の桶屋さん。
遠藤桶製作所 遠藤政太郎さんをご紹介しました。

横手市山内いぶりんピックの副賞賞品や
たらいこぎ選手権のたらいも遠藤さんの作品。

中学を卒業後、家業の桶屋で父親に師事。
23歳で父を亡くして若くして三代目になり
8人兄弟の長男として
父の代わりに弟や妹を高校に通わせ嫁に出し
まさに一家の大黒柱として頑張ってきました。

あっぱれ!

天然秋田杉にこだわった桶はまさに逸品。

桶屋はもう俺の代で終わりと
割り切っているところも清々しかったです。

いつまでも長生きして、作り続けて欲しいと
願うばかりです。

▪︎その20 生粋のコレクター

佐藤社長と。穏やかなお人柄の方でした。名品の数々あっぱれ。

その名も陸王。ラ〜メン屋さんではありません。

ヤマハと言えば楽器ですが、実はいろんなものを作る技術企業です。幻の名車TOYOTA2000GTのエンジンもYAMAHA製だったはずです。

日本の大東精機工業と言う会社がBMWを完全コピーして作ったバイク。部品の一つ一つが本物に適合するそうです。恐るべしJAPAN。

皆さんは収集癖はありますでしょうか。
僕はありません(笑)。
日頃の生活において「こだわり」と言うものが
ほとんど無い自分に「収集」と言う行為がないのです。

小学校高学年の時に
「仮面ライダーカード」が流行って
一時期集めかかったんですが・・
すぐに飽きてしまい(笑)
あれ今高値で取引されているんですよね。

さて、今週のあっぱれさんは
あの「なんでも鑑定団」に出演したこともある
生粋のコレクター「佐藤 宏」さんです。
穏やかで優しい語り口の佐藤さん。

自身の会社の工場の2階に
所蔵品を収蔵するその名も「昭和レトロ感」
バイク好きにはたまらない名車の数々。

このレトロ館、
その内装のほとんどが廃材や廃棄物で
造られているというから驚きです。

事前に連絡を頂ければ開場してくれるそうです。
北浦建塗(けんと)工業
0187-62-8123

ご興味のある方は是非

▪︎その19 木彫道人

宇宙怪獣ゼ○トンが今週のプレゼント。伊藤さんありがとう。

一番最初に製作したと言う馬。さぁどっちの馬でしょう。

龍の牙は勿論、口の中の裏側まで全てチェーンソーで仕上げますって・・凄いよ貴方。

軽量の最新型では無くて、一昔前のチェーンソーを使う理由がマシンへのリスペクトだそうです。山人の想いを背負って飾っているとも・・あっぱれ。

物事を立体的にイメージするって
なかなか難しい作業です。
一本の丸太を目の前にして
造物をイメージして削り出す、
それもチェーンソー一台で・・。

仕上げにノミや小刀を使うのかな〜と思ったら
細部に至るまでチェーンソーで仕上げる。

今週ご紹介したのは
チェーンソーアーティスト木彫道人 伊藤正美さん

元々は農機具メーカーの営業マンだった伊藤さん。
チェーンソーや農機具を販売する実家に戻り
チェーンソーの新たな利用方法と販売促進の為
9年前に始めたと言うチェーンソーアート。
今では美術展に出店するほどの実力を身につけ
日々作品の制作に取り組んでいます。

依頼されれば、注文制作をするそうです。
ご興味のある方は是非。
e-mail  blood-and-guts@ezweb.ne.jp
tel 0184672870(伊藤モーター)

それにしてもプロレスラーのような体格と筋力。
この身体のベースがあって、あの重いチェーンソーで
細部の削り出しが可能なのだと思いました。あっぱれ

▪︎その18 雨に西施が合歓の花

大仏のやつ、今日は帽子を被ってきあがりました。

日本皿まし協会秋田支部の皆さん。ご協力ありがとうございました。

あんたは凄い。

今日のあっぱれ昼飯前は
にかほ市象潟からの中継でした。

象潟や雨に西施が合歓の花

象潟が今のような状態になったのは江戸時代。
芭蕉は隆起する前の象潟を訪れています。
松島は男性的、象潟は女性的に捉えていたようです。

雨に煙る象潟の、雨に濡れた合歓の花を見て
まるで悲しく眠る西施のようだ・・と。

もし地震や噴火で隆起していなかったら
今の象潟はどんな情景だったのでしょうか?
ロマンがありますよね。

ところで・・
象潟って独特の雰囲気がありますよね。
同じ秋田県にあって秋田っぽくない・・。
上手に言葉に出来ませんが・・
あまり田舎臭くないっていうのかな〜。

今日のあっぱれさんは
日本皿まわし協会秋田支部の皆さん。
たくさん笑わせていただきました。

本番で上手くいかなくてごめんなさい!って。
いやいやそんなことないです。
生放送だからこそ、失敗こそが美味しいんです。
今日は美味しい失敗をありがとうございました。
みんな素敵な方ばかりでした。

東京以北では秋田にしか支部はないそうです。
興味のある方は象潟公民館まで
お問い合わせください。

それにしてもとても難度の高い皿まわしを
いとも簡単にまわした大仏くんには
メンバー一同驚愕しました。

▪︎その17 村の鍛冶屋

同学年の安保さん。甘いマスクできっとモテていたと思われます。

この釜の前に座るまで30年もお父さんの助手を務め、槌を振り落としていたそうです。

これが噂の安保式まきストーブ。全て手作りのMade in 二ツ井のストーブです。

二ツ井にあった営林局の解体時に天然秋田杉の柱を譲り受けたそうで、その秋田杉で作った鞘がめちゃくちゃかっこよかったです。

唱歌にも歌われる「村の鍛冶屋」
昔は地域に一軒は必ずあった鍛冶屋さんも
時勢には抗えず看板を下ろしていきました。

明治や大正の頃鍛冶屋さんは
働き者の象徴として唱歌に歌われたようです。

実際に槌を持ってみましたが重いのなんの。
あれを上段から振り下ろす筋力と集中力は
並大抵のものでないと思います。

今回中継で訪れたのは能代市二ツ井で
鍛冶屋を営む
安保鍛冶屋九代目安保誠喜さん。
僕と同い年なので、なんとなく馬が合いました。
そういえば馬もいますね(笑)。

秋田杉の集積地となったため
木を引き寄せるための「鳶口」の需要が高まり
鍛冶屋さんも多く繁盛していたようです。
しかし、現在は安保さん一軒だけ。

八代目のお父さんが洪水で流れ着いた
プロパンガスのボンベを見て発案したのが
安保式まきストーブ。
県内外から年間30台ほどの注文があるそうで
コツコツと一人で作っているそうです。
歌手も鍛冶屋もヒット作があると長持ちします。

町の消防団や青年団でも中心的に活躍し
地域貢献にも精を出す安保さん。

マタギ用の包丁のようなナタは
重くずっしりとしていて
妖しい光を放っておりました・・・。
なんでもキレそうです。
何れにしても魂のこもった職人技です。

包丁もオーダーメイドしてくれます。
手作りの逸品いかがでしょうか。

▪︎その16 尊い尊い

立派な佇まいです。

BMX。近くで見るとダイナッミックなスポーツです。

どこかで見たようなデザイン。

アハハハハハハ

うちのおばあちゃんなんかは
手を合えあせてよく唱えてました。
「とうでぇ、とうでぇ」って。

「おう、なんと尊い」という事だと思います。
本日お邪魔した潟上市昭和の
臨済宗妙心寺派祿壽山圓福寺(えんぷくじ)
その佇まいが荘厳でおばあちゃんでなくても
思わず手お合わせ「とうでぇ、とうでぇ」と
唱えてしまいます。

檀家さんは千人を超える大寺。
男兄弟3人が僧侶となり運営しているそうです。
出演してくれたのは三男で副住職の
信太智高(しだ・ちこう)さん。

中学を卒業し京都の仏教校で修行中に
出会ったBMX。
全日本選手権にも出場するほどの腕前で
地元昭和の空き店舗を利用して仲間と作った
昭和フラットベースBMX PARKで
その腕前を披露してもらいました。

3人の子供達もBMXに夢中とか・・
オリンピック種目でもありますから
将来が楽しみです。

そして6月からTシャツが登場・・・
朝っぱらのTシャツとほとんど一緒の
やっつけ感満載の新Tシャツ。

来週もお楽しみに。

▪︎その15 へば、まんづな〜。

奈都美アナと高橋D。あっぱれの生みの親、高橋君。君の企画力に感謝してます。何にもあげないけど(笑)。どうもな〜。

あや〜なっちゃん。メンケごど〜。

15日、魁新聞朝刊に先日急逝された松村サトシ君に追悼文を寄稿しました。松村君、へばまんづな〜。

今週もスタジオからお届けしました。
番組の冒頭でも言ったんですが
規制の緩和もあって街に人が出てきます。

いろんな場面で挨拶が交わされますよね。
街で久しぶりに見かけて
立ち話っていう事もあるでしょう。

田舎だとね・・
「マメだったが〜」
「マメだ〜」

「あだよ(あなたは)?」
「マメだ〜」

「んだ、えがったな(よかったね)へばな〜」
「へば、まんづな〜」

これですみますもんね(笑)

「へば、まんづな〜」
高校時代に毎日のように交わされていました。
友達と一緒に下校していたんですが。
友達との別れ際に必ず「へば、まんづな〜」

「おはよう!」ってなかなか言えなくてね。
交わされる言葉は
「おう・・」「おう・・」
照れくさかったんでしょう・・ね、きっと。

こんな日常のなんでもない会話が
また安心して繰り広げられる事を願っています。

▪︎その14 スタジオからこんにちは

無理やりポーズ取らせてごめんね、奈都美アナ。

掴んで登る!こちらの番組もよろしくお願いします。

5月8日金曜日のあっぱれ昼飯前
お楽しみ頂けましたでしょうか。

5月に入り中継を一旦お休みしております。
代わりにこれまでの放送から
傑作選集をお届けしていますが
今日も笑えました(笑)。
即興の歌が素晴らしかったです(自画自賛)。

スタジオのセットはCGですので
グリーンバックの前でお話ししています。
これを専門用語でクロマキーと言います。
こうやってみると殺風景ですよね。
衣装で緑色を着ると
その部分が透けて見えるので
緑の衣装はNGになります。

僕と奈都美アナの立ち位置の向かいに
CATCH UPのセットがあります。
こちらはちゃんと予算がかかってます(笑)。

ちょっとした舞台裏でした。
来週も爆笑の編集になっていますので
お楽しみに。

▪︎その13 ロマンチックは世界を救う

彼女は本当いい娘です。応援してあげてくださいね。

ネーミングがいいですもんね。

封筒も素敵だしメッセージ付きです。

もったいなくて開封していませんが、社長こだわりの兵庫県西脇の織物で縫製されています。

5月1日の放送お楽しみいただけましたか?
こういったご時世でもありスタジオから
佐藤奈都美アナとお届けしました。

在宅率のおかげもあると思いますが
じわりじわりと視聴率も上がってきてるようです。
これもひとえに皆様のおかげです。
本当にありがとうございます。

途中から見始めたという方も多いらしく・・
今回は初回からの濃い〜〜〜あっぱれさんを
ご紹介させて頂きました。
自分で言うのもなんですが面白かったです。
来週もこんな感じになると思いますので
ご視聴よろしくお願いいたします。

さて先週放送したデラックスウエアさん。
なんと・・あのマスクが届きました。
名刺もお渡ししていなかったのに
なぜに自宅に・・と思ったんですが
赤鬼ジーンズとTシャツを購入した際に
メンバー登録をしたんです。
メンバーさんに送っているみたいです。
無料で郵送料を自社で負担して。

あっぱれ!

素晴らしい。
洋服だけじゃなくて

魅せるモノを売りたいと言っていた社長!
ロマンチックは世界を救う!

▪︎その12 こだわりが生むファン

このソファ、座り心地めっちゃ良かったです。

自分でブランド立ち上げて、良いもの作ればイケるって言うお手本のようです。左が村松社長。

新品ジーンズのゴワゴワ感一切なし。履き心地抜群です。

シンガー製のミシンで裾上げしてくれます。

4月24日の放送ご覧いただけましたでしょうか。
今週はアメカジブランド「デラックスウエア」
村松隼人社長をご紹介しました。

スミソニアン博物館にも展示されているという
1920年代の米シンガー製のミシンを揃え
ヴィンテージの風合いをとことん追求する
あっぱれな村松さん。
企画・製造・販売を一貫して行い
現在全国70店舗で取り扱っているそうです。

もともと製品自体に評価は高かったのですが
何と言っても彼をここまで有名にしたのが

なまはげジーンズ


去年大館市のふるさと納税の返礼品に採用され
想像以上の反響を得、
年間400本売り上げたそうです!あっぱれ。

Tシャツ3枚、レギュラーストレート「赤鬼」
早速購入しちゃいました(笑)
ちなみに「青鬼」はスリムストレート。
次は青鬼イッてみたいと思います。

実は今年に入って初めて洋服を買いました。

このご時世もあって気が引けていたんですが
なんでしょう・・このスッキリ感は(笑)

直営店は大館市馬喰町にある
ヴィンテージ&アンティークストア
「ダリーズ&コー」
ホームページには販売サイトもあります。
ぜひ覗いてみてください。

▪︎その11 これまさに「逸品」

手触りといいとても質感の良いノートです。

自身も小学一年生のお子さんを持つお母さん。商品に子供への愛を感じます。

パリスタってどういう意味なんでしょう。パリ・スタンダード?中華なのに?。

いや〜驚きの海老の量でした。世の中には知らない事が沢山あります。

4月17日の放送お楽しみ頂けましたか。

住宅のカウンターや階段などの住宅資材を
大手ハウスメーカーや建築施工会社から受注し
切削から塗装、梱包発送まで一貫して
行なっている県北パネルさんに伺いました。

案内してくれたのは社長のお嬢さんの
倉持美帆さん。
東京で大手化粧品メーカーの
マーケティングや広報を担当していた美帆さん。
結婚出産を機に地元二ツ井にUターン。
ちゃんと旦那さんも連れてきてくれました(笑)。

新国立競技場の向かいにある
「日本オリンピックミュージアム」の天井の
衣装材として納入されています。
日本オリンピックミュージアムで検索すると
内観の写真も出てきますので
興味のある方は検索してみてください。

社員が一生懸命工作した製品は
完成型ではなくあくまで住宅や内装の一部分。
美帆さんは会社で完成した商品を作り
社員に誇りや自信を持ってもらいたいと
商品開発に着手。

木の「モク」
ギリシャ語で価値あるものを意味する
「XIA」を合わせて「MOXIA(モクシア)」
と言うブランドを設立。

ノートの表紙・裏表紙に秋田杉を始めとする
世界各国の木材を使用。
高級感のある木のノートが話題になりました。
あの星野リゾートでも販売されているそうです。
ロゴを入れることも可能です。

ノートはツバメノートの「フールス」が使われ
なんと1万年以上永久保存が効くという
これまさに「逸品」です。

アトリオン地下の県産品プラザや
秋田市山王のトミヤ秋田店
「木のノート」で検索すると
ネットでも購入可能です。
お子さんやお孫さんへのプレゼントに
いかがでしょうか・・。

ちなみに来週は大館から中継なので
途中美味しいランチはありませんか?
と伺ったところ紹介してくれたのが
鷹巣の街中にあるパリスタ飯店。

海老炒飯がめちゃくちゃ美味しいとの事。
注文してみました・・・。
この海老がチャーハンの中に6個も・・。
皆さんにもオススメです。
ご馳走様でした。

来週もお楽しみに。

▪︎その10 こういうことが「愛」なのかも

第2世代の相棒です

なんかね・・ホッとしますね

これで5000円は買いです

甘さ控えめで、正直言って今まで食べたコーヒーゼリーで一番美味しかったです

4月10日放送あっぱれ昼飯前
ご覧いただけましたでしょうか。

今週の相棒は大仏くん。
先週のお馬さん同様第2世代です(笑)
本人曰く馬と双子で二卵性とか・・
可愛がってやってください(笑)。

能代市浜通町で流木・廃材で
アート作品を作っている
金谷明彦さんをご紹介しました。

以前は鉄工所に勤めていたそうなんですが
心筋梗塞で倒れ、以来子供の頃から好きだった
ものづくりを始めたそうです。
動物が大好きという事で作品に反映されています。

流木を使ったベンチはなんと5000円(安〜)
作品を作るペースも速くて
このベンチだと1日に4脚は造るそうです。
背もたれの流木がやたら背中にフィットして
マッサージみたいに気持ちいいのも不思議。
プランターも各種ありましたので
ガーデニングにいかがでしょう。

八森の浜辺で流木を回収するそうなんですが
拾い上げた瞬間にイメージが湧くそうです。
ついでに浜の掃除にもつながるわけですから
彼にエコ大賞を個人的にあげたいと思います。
題して「あっぱれエコ大賞」
って賞状も金一封もありませんが(笑)。

そして金谷家にはもう一つの顔が・・。
能代工業バスケ部の生徒を受け入れる
下宿を営んでいるという事。
お宝の写真が沢山ありました。
長谷川誠さんの高校時代のメッセージには
腹を抱えて笑わせて貰いました。

帰りにはこれ食べて行きなさいと
スタッフにコーヒーゼリーをってデカ〜〜〜。
今日2キロ作ったから全部食べてって〜って
無理です(汗)

なんていうかな〜暖っかかったです・・。
作品もお母さんも・・全てが・・。
見守る事のできる心の広さっていうんですか。
こういう事を「愛」っていうんだなって
心から思いました。

失われつつある人間模様溢れる
秋田の原風景をユーモアを持って
番組では追い続けたいと思っています。

▪︎その9 フレッシュ

ちなみに馬も第2世代となりました(笑)

先週のイチゴプレゼント。
沢山の視聴者の皆様からご応募頂きました。
ほとんどが番組への愛が溢れるコメント付きで
ありがたく読まさせて頂きました。
本当は全員にプレゼントしたいのですが
2名様という狭き門。
これに懲りずに、またご応募ください。
お待ちしています。

今週のあっぱれさんは
秋田テレビの新人アナウンサーと
秋田テレビ社員の憩いの場
天麩羅「以和世(いわせ)」の大将
佐藤定敏さんをご紹介しました。

佐藤愛純(あすみ)アナは能代市
高橋智也アナは男鹿市と
二人とも秋田県出身。

応援してあげてください。

▪︎その8 イチゴちゃん大募集

ハウス内の温度管理は地元の籾殻を使ったボイラー。雪を夏まで保管して作る冷房。冷暖房もまさに地産地消

本当甘いです。お試しあれ!

イチゴちゃん絶賛募集中の調理師免許を持つ細井くん

3月27日放送のあっぱれ昼飯前!
ご覧いただけましたでしょうか。

今回は大仙市南外にある
秋田農販さんにお邪魔しました。
秋田ではここだけという
新潟生まれの品種「えちご姫」
表面に種が出てなくてとろけるイチゴ。
果肉が柔らかいので流通に適さないらしく
非常に希少価値の高いイチゴです。

そして果肉がしっかりしていてジューシーな
群馬県生まれの「やよい姫」

高橋社長の農業への思い、
地元への思いが伝わった30分でした。
イチゴ狩りは6月ぐらいまで出来るそうです。
衛生管理もしっかりしていましたので
是非お出かけください。

時間は20分 料金1800円 小学生未満1000円
1週間前まで要予約 080-9015-6968
大仙市南外字悪戸野147

僕も頂きましたが本当に美味しかったです。

そしてイチゴの世話をしている細井くん。
私のイチゴちゃん大募集中ですので(笑)
こちらも合わせて宜しくお願いします。
番組終了後の細井くんと絡んだ動画を
インスタにアップしていますので
そちらも併せてお楽しみください。

▪︎その7 私に乗ってみて〜

店長の佐藤さん。秋商野球部出身。県大会の決勝で負けたそうです。悔しかっただろうなと。とても明るい店長さんでした。

女性スタッフの笑顔は本当に心和ませてくれます。

1馬力は75キロの物体を1メートル動かす力です。最近のカタログに馬力の表記は無くPsになっています。その事を馬は知りませんでした。

皆さんの車を選ぶときの基準は何でしょう?
僕はちょっと変っていて・・・

車と目があった時

目があうんですよ(笑)本当に。
私を見て〜、私に乗ってみて〜って
言われているようで・・・。
洋服もそうかもしれません。
私に袖を通してみて〜〜ってね。
あっ、、、家電もそうかも・・
私にスイッチ入れて〜って。

だからでしょうか?
家電量販店、洋服店、ディーラーに行くと
なぜかテンションが上がるのは・・。

今気づきました・・・。
僕の買い物の視点は「男」だってこと(笑)

3月20日金曜放送のあっぱれ昼飯前は
HONDACars秋田中央中野店に伺いました。
店長の佐藤さん始め職員の皆さん
ご親切にありがとうございました。

僕も昔HONDAユーザーだった事ががます。
 HONDAプレリュード
動機が不純だったんです(笑)。

車歴は
1/NISSANブルーバード4ドアハードトップ
2/MAZDAファミリア スポルトEuropa
3/HONDAプレリュード
4/NISSANセフィーロ
5/BMW3(2ドア)
6/BMW3(4ドア)
7/BMWX3
8/現車
どれもみな思い出深い愛車です。

僕は車の運転が大好きな男で
長距離運転も全く苦になりません。
居心地、乗り心地、あとは触り心地
視界に入る操作類の見心地。
新車Fitのテーマである「心地いい」って
まさに車選びの原点なのかもしれません。

今はそんなにスピード出すわけでもなく
スペックがどうだこうだというわけでもなく
歳相応の安全運転するようになったので
N-BOXでも悪くないな〜と正直思います。

だって目があったんですよN-BOXと(笑)
女性を見る目も変ったって事でしょうか?

是非一度お出かけください。

▪︎その6 童心に返る

春の風こそが凧揚げには最適なのだそうです。

車庫の上に物置を造ると嘘ついて凧部屋にしてしまった小野会長

右から小野会長、芳賀副会長

左右対称に描くのがとても難しいそうです。

13日放送のあっぱれさんは
湯沢凧同好会の小野会長と芳賀副会長。
小野会長が自宅車庫2階に造った
湯沢凧春風館にお邪魔しました。
まるで展示場のような、壮観なまさにタコ部屋。
江戸時代から続く伝統の凧で縦と横の
単純な骨組みと少ない釣り糸
凧の下に尻尾をつけないのが特長です。
空中に上がるとブ〜ンブ〜ンと鳴く
「うなり」も特長のひとつです。
だるまの目を描いた独特の作画で
通称「まなぐ(目)凧」とも言われています。

実際に上げさせてもらいましたが
すぐに風に乗って上昇していきます。
面白すぎて放送を忘れて夢中になりすぎました。
童心に返るってこの事でしょうか。

春風館とある通り、この時期の風が
凧揚げには最適なんだそうです。
雪を溶かし春を告げる風・・・。
今年は雪もなくて足元も良い上に
生中継でこれだけの風が吹くのは
そうそうないそうで・・
石垣さん持ってるね!って
芳賀さんにお褒めいただきました・・。

15日日曜日に予定されていた大会は延期となり
この秋に開催される予定です。
その際は是非お出かけください。

あなたも童心に返れますよ。きっと。

▪︎その5 学生街の喫茶店

とっても明るい気さくなママさん

高校生が名付け親のドリンク。その名も「フラフラ」

今週の視聴者プレゼント。アクセサリーBOX。

共演の馬くん。マスク買えたそうです。

♪君とよくこの店に来たものさ〜
言わずと知れたガロの学生街の喫茶店
いまはカフェって言いますもんね。
小洒落た時代です。

喫茶店といえばクリームソーダ!
中学時代に西馬音内にも喫茶店が出来まして
その名も「パーラー万寿堂」。
饅頭屋さんの2階にあった万寿堂。
初めて食べた初恋の味のクリームソーダ♡
ちなみにパーラーはフランス語で
おもてなしをする為のお部屋らしいです。
パチンコ屋さんにもそんな名前があったような?
きっとおもてなしのお部屋なんです。

さて今日の放送でご紹介したあっぱれさんは
大曲駅前で喫茶店「かたつむり」を営む
伊藤裕子さん。
実は彼女絵書きでもあるんです。
女手一つで二人の息子を育てながら
油絵や水彩画などを描き続けてン十年。
雅号は「令澍(れいじゅ)」。
自分の絵をパソコンに取り込んで
絵葉書にしたり、小物入れにしたり
活力旺盛なご婦人でした。

それにしても喋る喋る(笑)。
こういう人にインタビューしてると
楽なんですよね〜(笑)。

古き良きお母さんの営む喫茶店。
是非皆さんもお立ち寄りください。

Coffee&Curryかたつむり
大曲通町7-5 藤倉ビル2F
0187635250

▪︎その4 椅子という漢字が好きすぎて

ほんわかした独特の雰囲気を持つ加藤くん

椅子修理してもらってイスカ?

今週のあっぱれさんは秋田市土崎に
椅子修理店ISUKAを営む加藤直哉さん。
中学生の時に通っていた通学路で
『椅子』
と書いた看板が目に入ります。
以来彼はこの2文字が大好きになります。
高校に入って椅子職人になることを決意。
当時専門誌で紹介されていた
新進気鋭の若手の家具職人A氏に心酔。
やはり大学の建築科で学ばなければと
A氏と同じ大学を受けるも挫折。
とりあえず入った他の大学も1年で中退。
実はA氏は卒業後
職業訓練校に入り直した・・という情報を知り
彼も職業訓練校に入学。
憧れとは人をしなり強くするものです。

卒業後秋田木工に就職するも
さらなる記述習得のために
関西で数年修行し再度Aターン。
通学路にあった看板のお店の門を叩き
そこでも修行と地道で向学心旺盛な加藤くん。

最近彼女が出来たそうで同棲中とか。
実は彼女出来たんですよ!って嬉しそうに語る
あっぱれな若手職人です。

使って無くて処分したい椅子があったら
ぜひお店に持ってきてください・・
と言うことでした。

ISUKA 0188020820


▪︎その3 コントラバスと珈琲

落ち着い佇まいの店構え

パッケージのアイコンはコントラバスを演奏する佐藤さん

廣島さん、佐藤さん、池内さん

2月14日金曜日放送のあっぱれさん
男鹿市五里合琴川で
珈琲焙煎所とcafeを営む佐藤毅さん。

実はコントラバスの演奏家でもあります。

大学では教育学部に入学し
学校の先生を目指すも
自分には合わないのでは?と
早々と見切りをつけ
かねてより興味のあった珈琲に着目。

実家の五里合に開店して14年。
カップも男鹿に窯を構える
陶芸家の作品を揃え
パン粉も男鹿の全粒粉を活用。

先週の鼎庵の米田社長同様
秋田の秋田による秋田の為の
秋田オリジナルにこだわる男が
ここにもいました。

物静かで無口ではありますが
芯を持った良い男です。
皆さんも是非応援してください。

マメを購入して来ましたが
パッケージのアイコンが
コントラバスを演奏している姿。
かっこ良いですよね。

こうひい工房 珈音(カノン)
男鹿市五里合琴川字前田109
0185342470
https://kanon-coffee.com/

左から珈音で個展を開く
イラストレーターの廣島さん
廣島さんは沖縄出身。
そしてオーナーの佐藤さん。
スタッフの池内さん
彼女は北海道釧路の出身。
何故か北と南の人が居て
吸い寄せるんでしょうねきっと。

応援してあげてください。

▪︎その2 二代目の苦悩

県人会。一番右側がマティログ君

社長の米田さんと

ビールのお供に最高です

クッキーなのにとろけるんです。

昨年の暮れ
秋田県出身の在京のタレントさん
地元のタレントさんが一堂に会し
秋田県人会が開催されました。

お誘い頂き大変光栄だったのですが
その会の幹事をしていたマティログ君から
僕の知人がこの夏お煎餅屋さんを開店しまして
とっても美味しいので皆さんお土産にどうぞ・・
と渡された手焼きのお煎餅。

家に帰り食べてみると
これは美味しいな・・となり
あっぱれ昼飯前のディレクター高橋君に
こんな店があるよ・・と提案。

とんとん拍子に2月7日の放送となりました。
ご覧いただけましたでしょうか。

米菓匠「鼎庵(ていあん)」
秋田県産米で唯一無二の米菓子を・・
そんな心意気から始まったお煎餅屋さん。

社長の米田賢吾さん。
お父さんがお菓子や食品の卸業を営んでいて
後を継ぐべく会社に入社するも卸業の悲哀。
業者間の競争も激しく、価格競争に持ち込まれ
営業先で打ちのめされる日々・・・・・

やっぱりメーカーにならないと勝負出来ない!
奮起した彼はお菓子のメーカーへと邁進。
稲庭うどんをかりんとうに仕上げた
お菓子から始まって・・そして生まれたヒット商品

淡雪ふわり

これで火が付き
秋田の秋田による秋田の為のお煎餅!
をモットーに開発し、工場だけでなく
お店までオープンしたあっぱれさん。

お煎餅は
「金の鼎庵」「銀の鼎庵」「極の鼎庵」
県内の醤油の蔵元とタイアップして
作り上げたこだわりの味です。

個人的にはクッキーなのに歯のいらない(笑)
口に入れただけでふんわりとろける
チョコクッキー「恋人はなまはげ(写真4)」が
大好きです・・。

天王バイパスを男鹿方面に向かうと
右手に藤原記念病院が見えます。
その信号の右手前にあります。
是非一度食べてみてください。

米菓匠「鼎庵(ていあん」0188536766

■その1 趣味を極めた達人

阿吽の切り絵

般若心経の切り絵

1月31日(金)放送の「あっぱれ!昼飯前」で
ご紹介したにかほ市の今野宗男さん。
退職を機に始めた切り絵を極めた達人です。
これが切り絵と見紛うほどの作品の数々。
二人で持っているのが阿吽の切り絵。
いま切り絵に色を重ねていく事にはまっていて
中でもお気に入りの作品がこれ。
この朱色を探すのにいろんな店を訪ねて
1ヶ月以上かかってやっと見つけたのだそうです。
死んだら棺桶に入れてくれと・・言っていました(笑)
絵だけではなくて文字も。
この般若心経は
もう二度と出来ないだろうと本人が言うほどの力作。
500万で売ってくれませんか?と言っても
売れない!というほどの作品です。
この他にも四国八十八ヶ所の全御本尊の作品もあって
これは作品展するべきだな〜と。

まぁ、とにかく温厚な方で
その心の優しさが作品に反映されているんです。
旦那さんが温厚だと奥さんが元気でね(笑)
どこの家も同じですね・・・と言ったら
その方が上手くいく・・と奥さんが答えたのには
さすがに笑いました。
あっぱれな今野さん、これからも素敵な作品
作ってください。
ページのトップへ戻る